お子さんが生まれた時の名づけは画数と苗字との相性が重要なのだろうか?

名づけで画数と苗字との相性で選ぶのも1つの方法

書籍で研究を行う

赤ちゃんの名づけをする際に、書籍を参考にするのも1つの方法です。画数別に漢字の意味やその漢字を用いた名前候補が掲載されているうえ、苗字に合わせて最適な名前も紹介している場合があります。書籍によっては、名づけの基礎知識や出生届の書き方や赤ちゃんの祝い事行事に関する情報を出しています。賢く活用できれば、名づけ以外の部分でためになる知識が得られるのを期待できます。

しかし、書籍の中にはキラキラネームという当て字のような名前や、個性を強調した名前を紹介しています。お子さんが教育機関に入学する際に、人から読みにくいと言われる可能性が高いです。

書籍を利用して最適な字を見つける際、それに捉われすぎると却ってお子さんにとりマイナスとなりかねないので注意しましょう。

アプリの上手な使い方

近年では、アプリを活用して赤ちゃんの名づけを行うことができます。例えば、苗字を入力してから美しいや凛々しいなど親のイメージを入力するだけで、最適な漢字を教えてくれるアプリがあります。他にも、五大運格の詳細な鑑定結果を出してくれるアプリもあるようです。

それぞれ書籍とは異なり、条件次第では無料で利用できるため、費用面での負担が少なくて済みます。特にスマホの使用に慣れている若い世代の人なら、手軽に始められるでしょう。

また、結婚などの理由で苗字が変わる可能性があります。名づけをする際に五大運格を参考にするなら、男の子は人格、総格、地格、女の子は人格、地格、総格の順に重視するのがおすすめです。上手に活用して、誰もが喜べる名づけをしましょう。


この記事をシェアする