お子さんが生まれた時の名づけは画数と苗字との相性が重要なのだろうか?

赤ちゃんの名づけは画数と苗字との相性が重要

名づけで画数と苗字との相性で選ぶのも1つの方法

画数と苗字との相性を踏まえてから赤ちゃんの名づけをすることで、納得した名前の候補が見つかるのが期待できます。しかし、出生届を役所に提出するまでの期間は、生後14日と決まっています。時間を掛けて決めるのも大事ですが、期日までには名前を決めるようにしてください。

専門家に依頼をしたうえで名付けをしてもらうのもあり

姓名判断鑑定士のような専門家に、赤ちゃんの名づけをしてもらうことは1つの方法です。画数と苗字との相性を踏まえて名づけをする場合に五大運格など専門的な知識が要りますが、姓名判断鑑定士に依頼をすればその手間が省けます。しかし、誰に依頼するかを選ぶ作業は欠かせません。

相性に捉われすぎると却って誰も幸せな結果にならないかも?

画数と苗字との相性を重視して赤ちゃんの名づけをするのも大事ですが、響きが悪かったり意図しない名前になるケースも想定されます。それにより、却ってお子さんの心理に悪い影響を与えることになりかねません。相性は1つの参考にして、最終的にはお子さんが使用するとの思いで決めるのがおすすめです。

自分で書籍やアプリで研究する場合に把握しておくと良い情報

お子さんが生まれた時に親は名づけをしますが、画数と苗字との相性を考慮したうえで決める人も少なくありません。お子さんが一生使用する名前だからこそ、大事にしたいと考えるのでしょう。

姓名判断には、五大運格という運勢があります。具体的な説明をすると、天格は苗字です。お子さんの結婚や保護者の再婚などの理由が無ければ、一生変わることはありません。地格は35歳までの期間の運勢となり、親から譲り受けた性質や体質、この期間に掛かりやすい病気などを見れます。人格は、35歳から55歳までの運勢を見ることができます。この期間は仕事や結婚のような人生の大きなイベントを過ごす人も多く、見逃せないポイントです。他にも、社会での社交性や順応性が見れる外格や一生の総合的な運勢を見る総格があります。

姓名判断を用いて良い名前を見つけたい場合は天格以外の部分を考えるでしょうが、特に学業や就職、恋愛などに活かせる人格を重視する人は少なくないはずです。また、お子さんの一生を良くしたいと考える人は、総画や地格にも配慮をします。

しかし、画数と苗字との相性に捉われすぎるあまり、声に出した時の響きが悪くなる場合があります。第三者が読めない漢字や相応しくない名前にしても、お子さんの成長における心理的な影響にはマイナスとなるでしょう。他にも、親が名前を付ける際に少なからず意味を加えるでしょうが、意味のない名前では却って良くありません。姓名判断を用いるのも1つの方法ですが、あくまでも使用するのはお子さんなのを踏まえてから決めるようにしましょう。